ハーレーダビッドソン 中古車販売
ハーレーダビッドソン 部品 パーツ販売
ハーレーダビッドソンエンジン オーバーホール
ハーレーダビッドソン オーバーホール
ハーレーダビッドソン カスタム車両製作
ハーレーダビッドソン パーツ製作

ハーレーダビッドソンの修理・オーバーホール・カスタム・各種溶接 機械加工・車検・ワンオフパーツ製作

GLORY ENGINEERING について

» GLORY ENGINEERING について



最新ブログ:2016-12-01 更新

タイトル:悩みます
8月から全く更新してなかったBLOGですが最近はめっきり作業内容InstagramやFacebook
ばかりでしたが、 年の瀬に差し掛かりやっぱりBLOG大事かな!?
とか思ったりして書いてみました。
だってインスタ facebook本当に楽なんですもん
ただ世の中全てがイージーな方向に向かっているとは思いますが、
本当に欲しい情報なんてイージーな物の中にはある訳ないし これだけ普及したインターネットの中にすら無いと思ってみたりしてです。



悩みの種だった4速エボのミッション遂に問題解決して年内納車目標で進めていきます。


        

数日前からの新たな悩みの種は面研についてです。
鉄シリンダーのショベル以前のモデルはほぼほぼヘッドガスケット面に歪みが発生して
いますのでシリンダーヘッド作業の絡むエンジンオーバーホールの際には必要な作業になります。

当店在庫とお客様預かりのシリンダーヘッド確認したところハーレーダビッドソン社も年式に
よって加工の方法が変わっている事に気付きました。
ただ、加工方法が変わった理由も大事なところで一概に後期の工法が正解とも言えない
気がします。
何しろメーカーですので工数削減、加工時間短縮、コスト削減が目的の変更も
考えられるからです。
ただし一台一台のエンジンをできる限りベストに持っていく作業においては時短よりも
仕上がりの平面度、面粗度優先です。

しばらく悩んで今の工場の環境を含め自分にできるベストを探ってみます。


GLORY ENGINEERING
神奈川県横浜市港北区新吉田町5331
TEL 045-620-2317